LINE Payって結構便利だったんだな

スポンサードリンク

年始の休暇中の時に、高校時代の友人たち(2人)と旅行に行った。その時に初めてLINE Payを使ってみたら意外に便利だったので、シェアしてみようと思う。

友人たちとのお金事情

基本的にその友人たちと行動する中で発生したお金は、割り勘で支払うことが恒例となっていた。例えば、飲食店でランチをとったとする。
ワイ
塩ラーメン 620円
友人A
味噌ラーメン 800円
友人B
チャーシュー麺 1000円
この例の場合、僕が支払う金額は合計額を3人で割った806円となる。この金額を僕たちの中の誰がが回収し、まとめて支払いを行う。この例では200円ほど損していることになるわけだが、何故か僕も友人たちも気にせずにこの方法で支払っている。 上の例は極端だが、実際には3人で共有して食うメニューも一緒に頼んだりすることもある。そういったものを含めて個別で計算するのがめんどくさいこともあり、いつからかこの合計額を割り勘するという方法を使うようになったのだ。

LINE Payを使うことになったきっかけ

記事冒頭で書いた旅行中、もちろんこの割り勘制度を使う機会は山ほどあった。その1回目で友人がこんなことを言い出した。
友人A
割り勘の支払いなんだけどさ、最近ネットで直接振り込んでるんだけど、ヒロもやる?
これまでは現金でお金を回収して支払っていたが、それすらめんどくさくなったのかキャッシュレスでお金を回収し支払いは現金でするという方法をするようになっていた。 確かに現金だと誰かがピッタリ払うことができずに、他の人とお金を調整しなければならないことはよくある。キャッシュレスの場合はそれが解消できるので、割といい方法ではあると思う。しかし一つだけ難点があった。
ワイ
あーでも俺地銀なんだよね〜。そっちの銀行とは違うやつ使ってるから手数料かかるわ。
そう。問題は手数料だ。僕と友達はお互いに違う銀行を使っているので、振り込むたびに手数料がかかってしまう。まとめて振り込めば1回の手数料ですむが、その場合はあらかじめ支払う人を一人決めておく必要がある。 ただ僕たちの中で支払う人を決めることになった場合、大体はその場で現金を多く持ち合わせている人が選ばれる。なのであらかじめ支払う人を決めておくのは難しい。けどキャッシュレスという点の利便さは捨てがたい・・・。そして僕はふと友達にこう言ってみた。
ワイ
じゃあ最近話題のLINE Payでも使ってみる?

LINE Payの利便性

別にLINE Payに詳しいわけでもなかった。ただ頭の片隅にLINE PayのCMが残っていたのと、僕も友人たちもLINEをやっていたのでちょっとやってみようということになったのだ。そして実際に使ってみると意外に便利だった。今回伝えたいのはここからだ。
例のCM
LINE Payの基本的な使い方
LINE Payの利便性について知るには、まず使い方を知ってもらわなくてはならない。詳しい使い方は自分で調べてもらうとして、ここでは基本的な使い方を説明する。 LINE Payを使うには、とりあえずチャージすることから始まる。チャージ方法は銀行口座コンビニなど、いくつかの方法が存在する。チャージした金額は仮想通貨となり、対応する店舗での使用や同じLINEユーザー同士で金銭の受け渡しが可能になる。 もっと詳しく知りたい人は、下記サイトを参考にすると良いだろう。
金銭の受け渡しが便利すぎてヤバイ
僕がLINE Payで便利だと思ったのは「金銭の受け渡し」だ。とりあえずはこの図を見てもらおう。
矢印の意味
送金
チャージ
出金(LINE Payから現金化)
解説すると、まずお互いがLINE Payにチャージする。割り勘などが発生したらLINE Payの仮想通貨を相手に送金したり受け取ったりするわけだが、この時に手数料が一切かからないのがポイントだ。 銀行は送金するたびに手数料が取られるが、LINE Payを使えばお互いに違う銀行を登録していても手数料は無料。旅行中に何度割り勘の機会があっても無料でキャッシュレスで割り勘できる!これは普通にすごい。年始の旅行はこれのおかげでとても快適だった。

LINE Payのデメリット

もちろんLINE Payにもデメリットはある。さっきの図にも既に書かれているが、仮想通貨から現金に戻す時のみ手数料がかかる LINE Payは仮想通貨なので、LINE Payに対応した店舗でないと使うことができない。なので割り勘が終わったら現金に戻したい人も多いと思うが、その場合は216円の手数料を払わなくてはならないのだ。これだけは残念。

デメリットをしのぐ利便性がある

LINE Payの手数料は確かに残念だが、ぶっちゃけこれでも銀行の送金システムより良心的だ。送金するたびではなく、仮想通貨から現金に戻すだけの1回だけしか手数料がかからないわけだから。 LINE Payの対応店舗が増えれば、そもそも現金に戻すことがおかしい時代も来るかもしれない。既に完全にキャッシュレスで生活してる人もいるらしいし、ありえない話ではない。

今後もLINE Payは使うのか

とりあえず僕は今後もLINE Payを使っていきたいと思っている。まだ店舗で利用したことはないから、いずれ使ってみてもいいかもしれない。

スポンサードリンク

Leave a Reply

Your email address will not be published.