2018年に買ってよかったものをシェアする

スポンサードリンク

今年は「これ買ってよかったぁ〜」と思うものがいくつかあった。そこで毎年やるかは微妙だけど、とりあえず今年買って良かったものをシェアする記事を書いていこうと思う。

ESCAPE R3 (2019)

今までは家から駅までの間をママチャリで通勤していたのだが、なんとなく「いい自転車に乗ったら通勤楽になるかな」と思ったのがきっかけで、初めてクロスバイクを購入した。
購入したクロスバイクはESCAPE R3 (2019)というモデルで、所謂入門向けのモデルを購入した。入門向けとは言っても、かなり良いバイクではある。クロスバイク初心者は大体これを購入するんだそうだ。
買って良かった点
その後実際に乗ってみたが、クロスバイクとママチャリの性能は天と地の差だった。これまでママチャリだと遠いと思っていた距離でもクロスバイクなら楽に行けるし、何より早い。自転車を快適な乗り物と思ったのはこれが初めてだった。この乗り心地を知ってしまった以上は、もうママチャリには戻れない とは言ったものの、実は初期不良が見つかって一定の期間だけママチャリに戻った時期があった。けどそれでママチャリの方が良いと思うことはやはりなかったし、より一層クロスバイクの快適さを実感する事となった。
デメリット
もちろん悪い部分もある。例えばメンテナンスが面倒くさい。高い自転車なだけあり、ママチャリのようのノーメンテナンスというわけにはいかない。その為、数週間に一度はチェーンのクリーニング注油等の作業をしなくてはならない。あとは洗車も面倒くさい。特に、が降った日に自転車を使うとまぁ汚くなる。 こういった洗車やメンテナンスをしていると平気で30分とか経っていることが多い。長時間のメンテナンスが面倒に感じる人はオススメはできそうにない。

Sony ヘッドフォン WH-1000XM3

このヘッドフォンに関しては以前にちょこっとだけ記事を書いた。よければ見てほしい。 有名Youtuberの瀬戸弘司さんも最近レビューしてた。
WH-1000XM3の凄さはこの動画を見ておけば理解できるだろう。 僕も実際にこの商品を使ってみた時は、今まで抱いていたヘッドフォンの概念が覆されたような衝撃を受けた。 瀬戸さんも動画内で言っているが、僕の中でもこの商品はAirPodsを完全に超えた このヘッドフォンの一番すごい所は、やはりノイズキャンセリングだろう。 今まで僕はノイズキャンセリングを体験したことがなかったが、まさかここまで何も聞こえなくなるとは思ってもみなかった。音楽に集中したいときや耳障りな環境音を消したいときには最高の機能だと思う。 もちろん外の音を聞く為のアンビエントモードも備えられている。また、急に話しかけられた時などに対応するクイックアテンションモードも便利だ。タッチセンサーでの音量調整曲飛ばしも良いし、30時間も持つといわれるバッテリーも素晴らしい。 そして何より、これらの多機能なヘッドフォンが無線で使えるというのがのポイントだ。僕にとって完全ワイヤレスが最大の魅力だったAirPodsは、この多機能ヘッドフォンを上回ることは流石になかった。 とはいえ、僕の中でAirPodsの出番がなくなったわけではなく、外に出かけるときはむしろAirPodsを使っている。やはり外に持ち歩くとなるとヘッドフォンはでかすぎるし、電車で移動中とかにヘッドフォンを使うのはなんか気が引ける。 環境音を消すためのノイズキャンセリングなのに、外で使わないのはどうなんだと思わなくもないけどね。旅行とかに持っていくのは十分ありだと思うし、一度くらいは外でも使ってみようと思う。

まとめ

今年は去年に比べてこういう”買って良かった”と思う商品が結構あった。来年もこういう商品を見つけていきたいとか考えてる。ちなみに来年は一人暮らしを始める予定なので、より一層こういう商品が見つかるかもしれない。

スポンサードリンク

Leave a Reply

Your email address will not be published.