MacBook Pro13インチ(2018年モデル)を買ってしまった

スポンサードリンク

今まで僕はずっとWindowsのパソコンを使い続けてきたが、ついにMacBook Proを購入してしまった。

なんで買ったの?

サブ機が欲しかった

僕はフリーランスとして働いているので、サブ機として外出先でも気軽に持ち運べるPCが欲しいと日頃から思っていた。実はメインで使っているPCもノートPCなのだが、こっちはデカいし重いので持ち運んで使うことはほぼ無理だろう。ちなみに後々メインはデスクトップに変えるつもり。

macOSが必要だった

サブ機として買うなら別にMacBookでなくても良い。たぶんだけどWindowsの方がそれなりのスペックでも安く買えることだろう。しかし僕は仕事上macOSが必要なことがたまにある。

一番オーソドックスな例だとネイティブアプリを作る時なんかがそうだ。ios用のアプリを開発しようとすると、最終的に必ずmacOSが必要になってくる。正直この件に関してはさっさとwindowsでも開発できるようにして欲しいものだが、現状そうなることはあまり期待できない。

あとは案件に参画した現場がmacOSしか使ってない場合もある。そんな意識高い系の現場にmacOS未経験で入るのは少し怖い。今いる現場でちょっとMacを触らせてもらったのだが、その時はタッチパッドでのクリックすら出来なかった。

これらの理由で、サブ機とmacOSが欲しいという両方の条件を満たせそうなMacBook Pro13インチ版を購入した。

開けてみた

MacbookProは注文から約1週間ほどで届いた。普通は翌日とかに届くらしいが、カスタマイズすると時間がかかるらしい。さっそく開けていろいろと設定をいじってみる。

これが僕のMacBookProだ。一応スペックは下記の通り。

モデル 13インチ Touch Bar付き シルバー
プロセッサ 第8世代の2.7GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)
メモリ 16GB
SSD 256GB

Touch Barをつけるかはかなり迷ったが、これがないモデルはプロセッサがクアッドコアではないのでこちらにした。サブ機ではあるがmacOSではメイン機なので、なるべく性能のいいものを購入しておきたかったのだ。

ちなみにこちらのお値段は消費税込みで約27万円だ。クソ高い。Windowsならこれで良いデスクトップゲーミングPCが買えるぞ・・・

ケースも購入

もちろん持ち運べる用のケースも購入した。こちらはAmazonで比較的評価の高いものを購入。

中がモコモコなクッションになっているので、かなりPC本体を守ってくれそう。ジャストサイズのものを購入したのだが、あまりにフィットしすぎて若干チャックが閉めづらいのが気にはなった。

3日間使ってみた感想

この記事を書いてる時点で実はもう三日間使用している。まだそんなに使いこなしているわけではないが、とりあえずの感想を書いていく。

トラックパッドがすごい

まず使っていて一番良いと思ったのはトラックパッドだ。Windowsにもトラックパッドはあるが、それとは比べ物にならないレベルで使いやすい。プログラミングとかブログの執筆といった、カーソルをあまり使わない系の作業であればもうマウスは必要ないと思ってしまった。

三本指でアプリを切り替えたりするジェスチャーもスムーズで気持ちが良い。一応Windowsでもこういったジェスチャーは存在するが、僕はmacOSの方が好みだ。まぁ僕が今まで使ってきたWindowsマシンはマウス使用が前提とされているものだったので、これがSurface Proとかになってくると違うのかもしれない。

Touch Barはやはり使わない。

「Touch Barは使わないからやめとけ!」

というレビューはMacBookPro購入前からよく目にしてはいた。しかし結局上記でも書いたスペック上の理由でTouch Bar付きのモデルを買ったのだが、結論から言えば僕もほとんど使う機会が訪れていない。

これが僕が今セットしているTouch Bar。まぁそれとなく設定項目をセットしている感じだが、これらもほとんど使う機会はない。現状、僕のTouch Barは無駄に電力消費が激しい置物と化してしまっている。

一応なんとか有効活用できないか模索してはいるが、はっきり言ってTouch Barはいらなかったかもしれない。Touch Barとはまた別なのかもしれないが、指紋認証のやつだけは良いと思う。

アプリの相性

これはMacBookProが悪いというわけではないが、僕が普段Windowsで使っているアプリをいざMacBookProで使ってみたら相性が悪いものがいくつかあった。僕がいつもイラストを描くときに使っているCLIP STUDIO PAINTも残念なことに相性が悪かった。

まずフルスクリーンにならないのは論外。それからペンでつまんで用紙を動かす動作がなぜかもっさりしていてスムーズじゃない。はっきり言ってとても作業できる感じではなかったので、アンインストールしてしまった。

ただ逆に使いやすいアプリもいくつかあって、例えばEvernoteはWindowsに比べてとても使いやすい。ベースをダークにできるのが良くて、これはWindowsにもほしいと思った。

まとめ

3日間使っての感想はこのくらいだ。とはいえまだ3日だし、今後また何か気づいたことがあれば書いていこうと思う。もしMacBookProを購入しようとしている人の参考になれば幸いだ。まぁそんなすごいことは書いてないけど。

スポンサードリンク

Leave a Reply

Your email address will not be published.